代表挨拶

代表挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から共同代表
李紀慧(慶應義塾大学看護医療学部3年)
佐藤彰恵(同3年)

李 紀慧

MOPの中で、児童相談所や施設との連携を担当しています、李紀慧と申します。

私は中学3年生の時に母を亡くしましたが、家族やたくさんの大人に助けられ、道を灯してもらい、今は慶應義塾大学 看護医療学部に在籍しています。決して自分一人では夢を持つことも、持ち続けることもできなかったと思います。

大 学に入り、今度は私自身が家庭環境に問題を抱える子どもの感情の矛先になり、子どもに愛情を感じ育ってほしいと思い、児童相談所・施設でのボランティアを 始めました。その中で環境故の子どもの「進学」に対する意識・関心の低さや、児童虐待の現実に驚くことが多々ありました。また、児童相談所を出た子どもと 二度と関われないというつながりの希薄さにも不甲斐なさを感じ、大学の友人である佐藤が腰を上げてくれたことをきっかけに団体を設立するに至りました。

子どもと関わるプロでもない私たち大学生ですが、誰もが子どもを大切に思い、愛情を惜しみなく与えることのできるメンバーが集まっていることがこの団体の誇りです。どうぞ宜しくお願い致します。

佐藤 彰恵

慶應義塾大学看護医療学部 在籍中

北海道出身

私は、中学生の頃から、「家計状況で、進学を断念したり、夢を諦めたりするのは違うのではないか」と疑問に思っていました。

しかし実際、貧困家庭の子ども達の成績や進学率は、低いと言われていますし、その貧困は連鎖するとも言われています。私自身、幼い頃から母子家庭で母親には、苦労をかけてきました。ですが、夢を諦めようと思わなかったですし、奨学金という手段を使って、進学も出来ました。

私が出来たのだから、子ども達にも出来ないことは無いんじゃないかなと思っています!

子どもたちには、学力という武器を身につけてもらい、夢と希望をもって未来に向かっていってほしい。

MOPという居場所で、その支えに私たちがなります。